売り板・買い板を使った取引が可能なビットバンクCC

ビットバンクCCとは?

ビットコインのレバレッジ取引が行えるビットバンクトレードを運営するビットバンク社が、現物取引専用の取引所としてスタートした仮想通貨取引所です。

スマホからの利用にも適しており、売り板・買い板を使った取引が行えるという特徴を持つ取引所です。

ビットバンクCCの運営会社は?

ビットバンクCCは2014年に運営をスタートした仮想通貨の取引所で、運営元はビットバンク株式会社です。

ビットコインCCで購入できる仮想通貨(アルトコイン)

日本国内の取引所としては最大数の取り扱い通貨があります。

コインチェックの取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナーコイン(予定)

ビットバンクCCで板を使った本格的なビットコイン取引

板を使った仮想通貨取引は海外の取引所「ポロニエックス」のようなイメージです。
通貨ペアとしては下記が対応しています。※2017年7月現在

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC

ビットバンクトレードとの連携

ビットバンクCCで購入したビットコインを、同社が運営しているビットバンクトレードで使用してFX取引が可能になっています。

アルトコインの取り扱い拡大

すでにイーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコインなどが順次追加されており、今後もアルトコインの取り扱いは拡大予定です。

リップル争奪キャンペーン

2017年6月1日から3か月間総額約820万相当のリップル争奪キャンペーンが行われています。

  • キャンペーン中の3ヶ月間毎日、XRP/JPY板における売買高ランキング5位以内のユーザーに、出来高比例配分方法により1日あたり合計800ドル相当のXRPがプレゼントされるキャンペーンです。
  • リップルは注目度の高いアルトコインなので、プレゼントの金額も大きいので魅力的なキャンペーンになっています。

ビットバンクCCは安全?

仮想通貨取引所に絶対の安全はないです。それはどの取引所でも同じです。

ビットコインセキュリティプラットフォームであるBitGo社と提携しているので、セキュリティは高いはずです。

取引所にお金を預けておく以上、少なからずリスクがあるので、決済時以外はご自身のハードウェアウォレットに保管することをおすすめします。

アカウント開設後は必ず2段階認証ログインを設定しておきましょう!

まとめ

ビットコイン・アルトコインの現物取引ができるのがビットバンクCC、信用取引ができるのがビットバンクトレードと覚えておきましょう!

板を使った取引のメリットを感じられる方はビットバンクで口座開設するのがいいと思います!

公式サイト:ビットバンクCC

 

記事を気に入ってくれたら
いいね!してね♪

最新情報をお届けします!

Twitter でクリプトカレンシーガールズをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です